コピーライトの書き方[2019年版]
公開:2019.09.14 更新:2020.06.16

こんにちは、らいどらです。

サイトを持っている人なら誰もが悩んだ経験のある「コピーライト」。今日はめちゃくちゃに乱立するコピーライトの中で、正しい書き方はどれなのか。解説していこうと思います。

よく見るあれ

よく見るコピーライトの書き方と言えば…….

Copyright (C) 2019-2022 kiborineko Inc. All Rights Reserved.

こんな感じでしょうか。果たしてこの長い羅列は正解なのか….?

答えはNOです!

というか、そもそもコピーライトなんて要りません。

いやいや、そんなわけwwとか思うかもしれませんがマジなのです。

そもそもコピーライトとは著作権表記の意味合いですが、国際法的にわざわざコピーライトを書かなくとも、著作権は守られています。

コピーライトの変遷については、以下の記事が参考になりました。↓

外部記事サムネ

年号と©マークと何が必要?Copyright(コピーライト)表記の正しい書き方

参照記事

実際には、ほぼ慣習で書かれている物なのですね…..。

そして、慣習に従って書くとするならば、例文の半分ぐらいの長さにすることが出来ます。

コピーライトの主要な三部分の解説
↑残る三部分の役割

© 2019 kiborineko

書くならばこれだけでOKです。私の場合、個人なのでcorpもIncもいりません!

悩んだのが馬鹿らしいぐらいの明快さですね…….。

まとめ

という訳で結論としては、意外にもコピーライトは雑で良い!!!でした。

それでは!

参考記事

おすすめ商品

一から勉強する際に使った教材

持っていると便利なHTML&CSS辞典

コメント

内容をご確認の上、送信してください。