これを読めば世界が分かる!「amazon 世界最先端の戦略が分かる」書評
公開:2019.10.30 更新:2019.11.26

「Death by amazon」という言葉を聞いたことがあるだろうか。

私にとってはよく足を運ぶ書店で同じ名の本を見かけたことがある ー というぐらいの単語だった。

しかし、今、この言葉の意味を知らなければ絶対に損をする。

驚くことなかれ、この言葉の意味は「Amazonの死」ではなく、「Amazonによる死」ーすなわち、Amazonにより倒産した企業リストだと言う。

繰り返そう、今Amazonを理解しなければ、このリストに名を連ねた企業のように年々加速する世界の中で“死ぬ”ことになる。

「Amazon – 世界最先端の戦略が分かる」の著者であり、元マイクロソフト社長である成毛眞氏は、同書でこう語る。


我々の生活が劇的に変わる裏側に、テクノロジーの塊である、この企業の存在があることを、もっと多くの人が理解しなければならない。アマゾンという企業について、経営者やコンサルタントなど、経営学のプロフェッショナルだけが知っていればいいという段階ではなくなったのだ。

世界最先端の戦略が分かる amazon – 成毛眞

単なるECショップだと思われていたamazonは、既にそんな規模には収まっていないのかもしれない。

既にAmazonが手掛ける事業は

  • AWS(アマゾン・ウェブサービス)
  • FBA(フルフィルメント・バイ・アマゾン)
  • アマゾンゴー(無人コンビニ)
  • 空輸・海運・陸路・巨大倉庫(超配送力)
  • アマゾンエコー(AIスピーカー)
  • Amazonフレッシュ(生鮮食品事業)
  • Amazonダッシュボタン
  • Amazonペイ(電子決済)

など非常に多岐にわたる。もちろんこれはほんの一部に過ぎないというのだから驚きだ。

AI技術、自動運転、空飛ぶ倉庫、Amazon銀行……..Amazonの野望は尽きることが無い。

元マイクロソフトの著者もAmazonを帝国と評すほどに、Amazonは万能なのだ。

私はこの事実を知って、正直言って尻込みしてしまった。今まで世界を制すのはGoogleか、Appleぐらいなものだろうと思っていたからだ。

しかし、いまやAmazonは日々生活に入り込み、知らないうちに巨大化している。

まさに今、アマゾンはネットとリアルの境目を無くした会社として後世に語り継がれるだろうと、この本では評されている。

今、IT化が顕著に叫ばれているこの国を生きる我々も、今一度Amazonという企業についてもっと知るべきなのかもしれない。

おすすめ商品

amazon 世界最先端の戦略がわかる

グーグルが消える日 Life after Google

コメント

内容をご確認の上、送信してください。