div class=mainは間違い?HTML5での書き方はmain!
公開:2019.09.01 更新:2020.05.09

こんにちは、らいどらです。

HTMLファイルといえば、div要素を何層にも作るのが常識ですよね。ですが現在のHTMLバージョンは「HTML5」です。

既にこの大量div方式は非推奨とされています。では代わりにどんなタグを使えば良いのでしょうか?

mainタグ

今までは<div class=”main”>で作っていたメインコンテンツ部分。HTML5での推奨タグは<main>です。

mainタグはHTML5から導入されたタグです。

divdivしてるよりかなり分かりやすくなりましたね。HTML5ではこういった「各ファイルの役割を明確にする」アップデートが多いです。

かくいう私も、HTMLを勉強した本が以前の様式だったので、メインコンテンツは<div class = “main”>でした。

このままだと時代に取り残されてしまうので、迅速に直していきます。

divタグをmainタグに変えていきます。

出来ました。これでサイトがまた一歩完成に近づきました!

divのままでは駄目なのか?

ここまで一貫して「mainタグを推奨します!」という方向で進んできましたが、そもそも時代に合わせるといってもメリットが無ければわざわざやる必要性はありませんよね?

別にdivをmainに変えたからといって、見た目が変わるわけでもありません。

それなのに変える理由とは、もちろん「流行に乗りたい!」とかいうふわふわなものではありません。では、その理由とは何なのでしょうか?

答えはクローラーに理解しやすい構造にする為」です。

※クローラーとは…….Googleが作ったwebサイトを監視するためのプログラムです。

このクローラーはもちろん人間ではありませんのでどんなWebサイトも理解できるわけではありません。その為、正しいHTMLタグでWebページを構成しなければ的確にサイトを理解できません。

クローラーが読みやすいサイトを作るとGoogleからの評価が上がります。そうすると検索で上位に出やすくなります。つまり、世間でいうところの「SEO」に該当します。

※SEO……….検索システムで自分のサイトを上位に表示させる技術

時代にあったHTMLタグを使うことが、結果的にサイトの評価を上げることにつながっていくわけです。

大した手間ではありませんので、気になる方はやってみると良いかもしれませんね。

おすすめ商品

一から勉強する際に使った教材

持っていると便利なHTML&CSS辞典

コメント

内容をご確認の上、送信してください。